【解説】E-18  七夕(戦後) 飾り物

敗戦翌年の昭和21年夏、仙台空襲で壊滅した街に1本の竹飾りが掲げられた。それは焼けトタンを伸ばしてバラックを建て、東一番丁でいち早く店を再開した森権五郎さんだった。当時東一番丁の焼け跡に戻って商売を始めていたのはまだわずか52軒だったが、その翌日にはすべての店が一斉に掲げ、全市に先駆けた七夕飾りは仙台復興の狼煙となった。

翌22年8月5日、昭和天皇の東北巡幸にあわせて、巡幸車が通る仙台駅前や商店街は、七夕飾りを出して天皇を歓迎した。 占領下にあった戦後、仙台と周辺部には最大で1万5千人の米軍が駐屯していたが、七夕写真にも、人出の中に米軍兵士や家族の姿がまじるようになる。見物客の服装も時代を映している。 20年代半ばの朝鮮戦争以降は、戦後の粗末な服装は姿を消し、若い女性たちの服装や髪型は次第にファッショナブルになっていった。

戦後の七夕飾りは、戦前の素朴なものよりも、商店が競って造形に凝り、バラエティーに富んだ飾りや仕掛物が街を彩るようになった。NHK仙台局がテレビ放送を開始した昭和31年、七夕が始めてテレビで全国に生中継(分類F-24の写真18-33)され、それが毎年恒例となり、仙台七夕はますます全国から注目されるようになっていった。

昭和50年前後の七夕写真には、宇宙戦艦ヤマトなどテレビ・アニメの主人公が登場する。また、クレーンで吊り下げた大掛かりな物(龍、遣欧使節が航海したサン・ファン・バウティスタ号、政宗騎馬像など)も目立つ。それらのスポンサーはダイエーや長崎屋など当時全盛を誇ったスーパーストアで、ここにも時代の波が写し込まれているといえる。

【解説】を印刷