【解説】F-24 ラジオ放送

ラジオ放送と仙台市民

日本放送協会は、昭和2年6月9日、仙台に東北支部を設置、翌昭和3年6月16日に東北地方で初めてのラジオ放送が北一番丁の仙台放送局から開始された。コールサインが「JOHK」なので市民は仙台放送局のことを愛称で「HK」とも呼んでいた。

日本のラジオ放送は、大正14年3月、東京放送局から始まり同年に開局した名古屋、大阪に加え、昭和3年には札幌、仙台、広島、熊本からも放送開始、同年11月には、札幌~熊本までを縦断する中継放送網が完成し、11月10日の昭和天皇即位の大礼の模様を全国に中継放送した。

児童唱歌コンクールで7年連続優勝

また、NHKのラジオ放送を通じて全国児童唱歌コンクールが毎年行われたが、仙台の小学校(東二番丁尋常小学校、南材木町尋常小学校)が第1回の昭和7年から7年連続して全国優勝し大きな話題となった。

戦前期、ラジオに出演した市民たち

仙台放送局では東京からの全国放送のほかに、仙台局独自の地域放送(ローカル放送)の時間帯をもうけた。このアルバムには、戦前ではラジオドラマ出演者(HK子ども会員や常盤木学園の女学生、映画館文化キネマの楽団員)、仙台商業学校生(校歌放送)、歩兵第四連隊兵士(多門師団凱旋の歌)、立町青年団ブラスバンド、東二番丁尋常小学校児童(全国児童唱歌コンクール優勝)がある。ドラマも歌の出演も当時はすべて生放送だった。

戦後、進駐軍放送局が同居

敗戦後の昭和20年9月、進駐軍(米軍)が仙台はじめ県内に進駐し一時は1万5千名に達するが、NHK仙台局には一時、進駐軍向けの放送局が同居し、同時にNHK仙台局の放送原稿を検閲した。

仙台七夕をテレビ全国中継

日本のテレビ放送は昭和28年からだが、東北初のテレビ放送は、昭和31年3月、NHK仙台放送局から始まり、8月の仙台七夕はその年から全国にむけ生中継された。

このアルバムには、開局に先立って行われた「テレビ実験公開」(昭和25年)、東一番丁からの仙台七夕生中継放送で活躍する中継班スタッフ(昭和31年)がある。

【解説】を印刷