【解説】A-04-04 東二番丁通り

東二番丁通りは、定禅寺通~五橋通まで全線一帯が仙台空襲(昭和20年7月)で焼失したが、戦後の戦災復興事業により(それまでの)幅員8mから50mに拡幅され、市中心部を南北に貫く幹線道路となった。

その際、拡幅予定線上にあった堅ろう建物(三井生命、商工会議所、市立病院表玄関、協和銀行、逓信病院、東北学院中高部、宮城学院)の移転や撤去に時間がかかり、これらの建物が拡幅された道路上にはみ出した状態がしばらく続いたが、1958年(昭和33)7月までにすべて移転、撤去が完了し、幅50mの全線が完成した。(「仙台市史 続編1」P345、P349)

両側には歩道(幅9m)と側方分離帯(幅3m)が設けられ、車道は中央の15m幅に片側2車線ずつと、側方分離帯と歩道との間に5.5m幅の停車帯および低速車線が両側に設置された。戦災で失われた緑を復活させて杜の都を復興する目的があり、側方分離帯と歩道には並木が設けられた。 

1970年代半ば(?) には、五橋通りからさらに南へ延伸されて(当時の)仙台市立病院前交差点までの区間が開通、この時期に全線の側方分離帯を廃止して中央分離帯を設け、片側4車線の道路へと改修された。

【解説】を印刷