【解説】H-32 進駐軍と市民

時代背景

仙台空襲(昭和20年7月)で中心市街地の大半500ヘクタールが焼きつくされた仙台と周辺部に、敗戦翌月の昭和20年9月16日から、1万人をこえる占領軍(米軍)が進駐した。

住む家も仕事も失い深刻な食糧難で苦しむ仙台市民は、絶対的な権力をもつ進駐軍と折り合いをつけながら生き延びるのに精一杯の日々だった

米軍は川内や榴ケ岡、苦竹、多賀城などの旧日本軍基地や施設を米軍キャンプとした他、市内で焼け残った主要なコンクリート・ビルなどを接収し米軍の諸機能をおいた。

分類H-32の写真には、それらに働く日本人従業員や、米兵相手の商売、米兵たちと市民の交流などの写真が残されている。

H-32の写真内容

【解説】を印刷