撮影年代判定事典
検索結果
全2ページ中、1ページ目 (総数:67件)
<< 前 | 1 | 2 |  最後
項目 小項目 内容 出典/参考資料 関連映像
健康都市宣言(仙台市)   1962年(S37)3月16日  発表(島野市長時代)  「仙台市史 年表」P122   201-01 
仙台市 市制施行  1889年(M22)  * 1889年(M22)4月1日、市制施行
* 1969年(S44)6月10日、仙台市市制施行80周年記念式典
* 1989年(H1)4月1日、仙台市が、全国11番目の政令指定都市となる
* 1989年(H1)6月10日、市制施行100周年記念式典 
「仙台市史 年表」P86、P126、P135   
仙台市営地下鉄 開通  1987年(S62)  * 1981年(S56)5月7日、起工式
* 1987年(S62)7月15日、地下鉄南北線、八乙女~富沢間で開業(東北初の地下鉄) 
「仙台市史 年表」P132、P135   
仙台市営バス 発足  1942年(S17)  * 1942年(S17)8月21日、仙台市が仙台市街自動車(通称・銀バス)を買収、仙台市営バス事業を開始した
* 1965年(S40)7月16日、市内路線のワンマンバス化を開始 
「仙台市史 年表」P112  201-08 
仙台市街自動車 設立~市が買収  1919年(T8)7月7日~1942年(S17)  伊勢久治郎が設立、市民に「銀バス」の愛称で親しまれた。
* 1919年(T8)11月10日に乗合自動車の営業開始、仙台停車場を起点に市内の南北、および市外は増田、閖上、深沼などまで走った
* 1930年(S5)7月、市内遊覧バスの運行を開始
* 1942年(S17)7月、33万円で仙台市に買収され、8月から「仙台市営バス」として営業開始 
「昭和史とともに 仙台市電 その50年」P86/逸見英夫著「仙台はじめて物語」P197/「仙台市史 年表」P99、P105/「あきんどの町~おおまちに至るまでの四百年」P95   53-4622-1053-1598-10453-121 
仙台市科学館 開館  1968年(S43)5月1日  東二番丁の日本長期信用銀行ビル地下に開館  「仙台市史 年表」P125   
仙台市勤労者体育館 開館  1981年(S56)8月22日  卸町東に開館  「仙台市史 年表」P132   
仙台市警察本部 発足~廃止  1948年(S23)~1954年(S29)  * 1948年(S23)3月7日、自治体警察である仙台市警察本部を設立
* 1954年(S29)7月1日、仙台市警察が廃止され宮城県警察に引き継がれる 
「仙台市史 年表」P115、P118   
仙台市公会堂(戦前) 設置~空襲焼失  1909年(M42)~1945年(S20)  戦前は、桜ケ岡公園(西公園)にあった
* 1909年(M42)、市が公園内にあった木造の割烹・挹翠館(ゆうすいかん)を買収し仙台市公会堂とした
* 1916年(T5)9月、洋館の新館が竣工、挹翠館を公会堂本館、洋館を新館とした
* 1945年(S20)7月10日、仙台空襲で公会堂本館、新館ともに焼失 
「重訂 宮城県郷土史年表」P273とP364/「仙台市史 年表」P97  挹翠館は、98-05898-059/ 新館(洋館)は、99-092-199-093-153-9453-99 
仙台市公会堂(戦後) 落成~取壊し  1950年(S25)12月17日~1971年(S46)  * 1950年(S25)12月17日、西公園内に完成
   (場所は、現在(1995現在)の仙台市民会館の位置)
* 1971年(S46)、取壊し
 
・ 戦後、音楽、演劇、集会など仙台市民の文化活動はこの公会堂を中心に展開され、各種の文化団体が育っていった
・ 大ホールは1300席、集会室、展示場などもあり、結婚式にも利用された 
「重訂 宮城県郷土史年表」P564/「目で見る復興 まちの今昔」P57/「新・目で見る仙台の歴史」P179/「仙台市史 年表」P117  18-07-0118-07-02 
仙台市公報 創刊  1935年(S10)4月20日    「仙台市史 年表」P108   
仙台市視聴覚教材センター     * 1969年(S44)9月、仙台市視聴覚ライブラリーを市民教養センター内に開設
* 1970年(S45)2月、仙台市レジャーセンター内に移転
* 1972年(S47)6月22日、仙台市視聴覚教材センターと改組・改称
* 1975年(S50)5月、柏木の旧仙台高等学校同窓会館を改築して移転 
「仙台市史 年表」P126、P128、P129   
仙台市市民文化事業団 設立  1986年(S61)10月1日  財団法人  「仙台市史 年表」P134   
仙台市消防本部 開所  1952年(S27)2月  戦後の県立図書館隣接(勾当台通りに面す)  渡邊慎也氏記録  20-04 
仙台市戦災復興祈念館 開館  1981年(S56)4月1日  大町に開館  「仙台市史 年表」P132   
仙台市体育館 開設  1984年(S59)9月1日  富沢に開設  「仙台市史 年表」P133   
仙台市中央卸売市場   1960年(S35)~  * 1960年(S35)12月4日、宮城野原に開設、水産部の業務開始
* 1961年(S36)12月11日、青果物部の業務開始
* 1973年(S48)11月1日、原町南目に完成
        (11月5日、花き市場の営業開始)
* 1975年(S50)7月14日、食肉市場を田子に開設
* 1988年(S63)1月16日、花き部、苦竹に完成した新施設で営業開始 
「仙台市史 年表」P121、P122、P129、P135   
仙台市中央公民館     * 1973年(S48)3月、仙台市公民館を、仙台市中央公民館と改称
* 1983年(S58)4月10日、仙台駅東口に完成したパルシティー仙台内に移転開館 
「仙台市史 年表」P128、P133    
仙台市電 開業
/駅前~大町1丁目、東五番丁~荒町 開通 
1926年(T15)11月  * 1926年(T15)11月25日、仙台市電が初開通
  (仙台駅前~大町1丁目間2.1キロ、東五番丁~荒町間1.2キロ)

開業時にすでに、始発駅の仙台駅のやや北にある、名掛丁角まで軌道が敷かれている(「昭和史とともに 仙台市電-その50年」P166の市電系統図)

仙台市電(各路線)の開通日や廃止日は、
 ・「昭和史とともに 仙台市電 その50年」P187~189と
 ・「文集 仙台市電 市民が綴る五十年の軌跡」末尾年表で、わかる 
「昭和史とともに 仙台市電 その50年」P187~189/「文集 仙台市電 市民が綴る五十年の軌跡」末尾年表  22-4898-103/ 開業時の市電系統図は、98-101 
仙台市電 大町1丁目~大学病院 開通  1927年(S2)4月  ・ 1.2キロ / 環状線(循環線)の一部区間

* 1927年(S2)4月1日、開通 
「昭和史とともに 仙台市電 その50年」P187~189/「文集 仙台市電」末尾年表   
仙台市電 仙台駅前~光禅寺 開通  1927年(S2)11月  ・ 0.7キロ 
・ 駅から駅前電車通りを北へ向かう路線/環状線(循環線)の一部区間

* 1927年(S2)11月24日、開通 
「昭和史とともに 仙台市電 その50年」P187~189/「文集 仙台市電」末尾年表  99-020 
仙台市電 光禅寺~県庁前 開通  1927年(S2)2月  ・ 0.9キロ / 環状線(循環線)の一部区間

* 1927年(S2)2月25日、開通 
「昭和史とともに 仙台市電 その50年」P187~189/「文集 仙台市電」末尾年表   
仙台市電 環状線(循環線)完成  1928年(S3)3月  ・ 1.7キロ 

* 1928年(S3)3月28日、県庁前~大学病院間(1/7キロ)が開通し、
  これで環状線(循環線)全線(6キロ)が完成

・ 西公園において開通式挙行 
「昭和史とともに 仙台市電 その50年」P187~189/「文集 仙台市電」末尾年表/「仙台市史 年表」P104  201-01201-05 
仙台市電 芭蕉の辻線(南町支線) 開通~廃止  1928年(S3)4月~1944年(S19)12月  ・ 0.3キロ / 市電南町支線(通称・芭蕉の辻線)
・ 「芭蕉の辻」が終点
  
* 1928年(S3)4月8日開業~1944年(S19)12月10日に廃止
         (「仙台市史 年表」P113では休止)

 市電「芭蕉の辻線」は昭和3年の東北産業博覧会開催を目途に開通(314m) / 大正12年の案では、芭蕉の辻が終点ではなく、さらに北へ延ばし国分町・二日町を経て北鍛冶町に至る計画だったが結局は実現せず、「芭蕉の辻線」は太平洋戦争中の昭和19年3月末に廃止された 
「昭和史とともに 仙台市電 その50年」P187~189/「文集 仙台市電」末尾年表/「仙台市史 年表」P104、P113

/ 「あきんどの町~おおまちに至るまでの四百年」P95 
22-3353-49 
仙台市電 長町線 延長開通  1936年(S11)12月  ・ 4.2キロ
・ 荒町~長町間(S8年~S11年に徐々に延長開通)

* 1936年(S11)12月9日、開通 
「昭和史とともに 仙台市電 その50年」P187~189/「文集 仙台市電」末尾年表/「仙台市史 年表」P108  36-01201-30 
仙台市電 北仙台線 開通~廃止  1937年(S12)10月~1969年(S44)3月  1.2キロ

* 1937年(S12)10月26日開通~1969年(S44)3月31日廃止
  (「仙台市史 年表」P109では、S12年10月25日に営業開始) 
「昭和史とともに 仙台市電 その50年」P187~189/「文集 仙台市電」末尾年表/「仙台市史 年表」P109、P126  53-90 
仙台市電 八幡町線 開通  1941年(S16)10日  ・ 1.6キロ

* 1941年(S16)10月10日、開通 
「昭和史とともに 仙台市電 その50年」P187~189/「文集 仙台市電」末尾年表/「仙台市史 年表」P111   
仙台市電 空襲後再開  1945年(S20)8月20日  仙台空襲(昭和20年7月20日)で被害を受けた仙台市電が全線で運行再開した  仙台市史 年表」P113   
仙台市電 原の町線 開通  1948年(S23)5月  ・ 3.3キロ

* 1948年(S23)5月5日、原の町線(原町線)全線開通 
「昭和史とともに 仙台市電 その50年」P187~189/「文集 仙台市電」末尾年表/「仙台市史 年表」P115   
仙台市電 全線廃止  1976年(S51)3月  * 1976年(S51)3月31日、最終運行 / さよなら電車  「昭和史とともに 仙台市電 その50年」P187~189/「文集 仙台市電」末尾年表/「仙台市史 年表」P130   
仙台市電 モハ1型 導入  1926年(T15)~1934年(S9)  車両モハ1型はT15~S9に導入、このうち7号はS39年10月に廃車  市電の各型の使用期間は、「昭和史とともに 仙台市電 その50年」P180~181  201-3699-002 
仙台市伝染病院 改称  1899年(M32)  * 1899年(M32)4月1日、仙台市、東十番丁の避病院を整備し仙台市伝染病院とする  「仙台市史 年表」P90   
仙台市天文台 開台  1955年(S30)  * 1955年(S30)2月1日、西公園に市民天文台が開台
* 1956年(S31)11月18日、仙台市天文台として観覧業務を開始
* 1968年(S43)5月15日、東北初のプラネタリウム館が併設される
* 1974年(S49)1月10日、新型プラネタリウムを導入
* 1975年(S50)8月、仙台市天文台愛子観測所開設  
「仙台市史 年表」P119、P125、P129、P130   
仙台市農業協同組合 設立  1965年(S40)3月31日  8つの農協が合併  「仙台市史 年表」P124   
仙台市の動物園(戦前) 仙台市動物園 開園  1936年(S11)  * 1936年(S11)4月1日、仙台市動物園が評定河原埋立地に開園               
   (当時、東京以北で唯一の動物園で、
    昭和12年12月までの入場者は31万人)

象・虎・ヒョウ・白熊など35種100頭を、閉園した東京浅草の花屋敷動物園から譲り受け、それに加えて200余頭を購入した 
「仙台市史 年表」P108/「仙台はじめて物語」P104~105  53-119 
仙台市の動物園(戦前) 仙台市動物園猛獣射殺  1944年(S19)  * 1944年(S19)3月25日、太平洋戦争末期の仙台市動物園で、ライオン・虎・熊など猛獣12頭が「空襲の際に危険」と射殺された

* 1944年(S19)4月1日、休園 
「仙台はじめて物語」P104~105/「仙台市史 年表」P113   
仙台市の動物園(戦前) 仙台市動物園閉園  1945年(S20)  * 1945年(S20)3月、仙台市動物園が閉園
* 1945年(S20)4月1日、休園
* 1945年(S20)7月、仙台空襲で焼失 
「仙台市史 年表」P113/「重訂 宮城県郷土史年表」P504     
仙台市の動物園(戦後) 河北動物博覧会  1953年(S28)  * 1953年(S28)10月、西公園で「河北動物博覧会」開催  「見験楽学」(仙台・宮城のミュージアム情報サイト)   
仙台市の動物園(戦後) 市立子ども動物園  1957年(S32)~1965年(S40)  * 1957年(S32)10月25日、三居沢に開園 
    ~現在(1995年)、三居沢交通公園がある場所~
* 1965年(S40)9月24日、閉園 
「仙台市史 年表」P120    
仙台市の動物園(戦後) 仙台市立八木山動物公園  1965年(S40)~  * 1965年(S40)10月15日、開園 

・ 土地は、仙台の味噌醤油製造業「紅久」の経営者八木久兵衛氏によって、市に寄付されていた
・ 閉園する仙台市立三居沢子ども動物園の動物も八木山へ移された 
「仙台市史 年表」P124/「仙台老舗百店史P194~195「紅久」 / 「重訂 宮城県郷土史年表」P622   
仙台市の花・木・鳥・虫 決定  1971年(S46)9月1日  市花はハギ、市木はケヤキ、市鳥はカッコウ、市虫はスズムシ  「仙台市史 年表」P127   
仙台市博物館     * 1961年(S36)10月1日、川内の仙台城三の丸跡に開館
* 1986年(S61)3月1日、新築開館 
「仙台市史 年表」P122、P134    
仙台市婦人大会 開催  1969年(S44)  第1回  「仙台市史 年表」P126   
仙台市武道館 開館  1974年(S49)7月3日  錦町に開館  「仙台市史 年表」P129    
仙台市兵事義会 結成  1894年(M27)月29日  市民による軍事や軍隊への後援組織
* 1894年(M27)7月29日結成(直後の8月1日から日清戦争)
* 1901年(M34)1月、解散
* 1904年(M37)1月12日、再興(2月10日から日露戦争)
* 1939年(S14)4月1日、仙台市兵事義会を仙台市銃後奉公会と改称 
「仙台市史 年表」P89、P91、P92/「仙台市史10 年表」P295   
仙台市ボランティアセンター 開設  1985年(S60)12月  仙台市戦災復興記念館内に開設  「仙台市史 年表」P134   
仙台市民会館 落成  1973年(S48)11月3日  西公園に落成(戦後の仙台市公会堂跡地に)  「仙台市史 年表」P129    
仙台市民ギャラリー 開館  1975年(S50)9月9日  青葉通りの読売仙台ビル内に開館  「仙台市史 年表」P150   
仙台市民図書館 開設  1962年(S37)  * 1962年(S37)10月27日、西公園内に開館
* 1965年(S40)3月、移動図書館「ひろせ号」の運行開始 
「仙台市史 年表」P122、P124    
仙台市民の消費生活を守る条例 制定  1975年(S50)12月24日  仙台市が制定  「仙台市史 年表」P130   

全2ページ中、1ページ目 (総数:67件)

<< 前 | 1 | 2 |  最後

索引

アーケード
アート・スミスの宙返り飛行
RTO(仙台)
アイオン台風
愛国婦人会
アインシュタイン
青葉城恋歌
青葉城資料展示館
青葉神社
青葉通り
青葉山
青葉山公園
青葉山植物園
青物市場(明治年間)
秋保電鉄
愛宕大橋(広瀬川)
愛宕堰
愛宕橋(広瀬川)
泉ヶ岳勤労者野外活動センター
泉岳少年自然の家
イズミティ21
一番町(旧・東一番丁)全域
一番町(旧・東一番丁)北部
一番町(旧・東一番丁)中央部
一番町(旧・東一番丁)南部
一銭橋
移民
岩切城跡
牛越橋
馬市
梅川漆器舗
梅田川清掃運動
エキスポートバザー
X橋(宮城野橋)
NHK仙台放送局
エフエム仙台
エル・パーク仙台
追廻練兵場
大崎八幡宮
オーシャンウイスキー
大手門
大橋(広瀬川)
霊屋橋(広瀬川)
卸売市場
オロナミンC
偕行社
街灯
開明座
かき徳
学童疎開
学徒勤労動員
学徒出陣
火災(地域)
ガス
ガス灯
霞ノ目飛行場
ガソリン切符制
片倉製糸
学校教練
合併(市域拡大)
勝山公園
カフェ・クレーン
カルトン食堂
河原町市場
勧工場・商館
紀元二千六百年
北山墓園
切手代(ハガキ)
木町通小学校
木町通小学校附属幼稚園
義務教育期間
協和銀行
キリンビアホール(東一番丁)
銀行(地域の銀行)
錦章堂ビル
金属回収
金の星(カフェ)
金富士(西洋料理店)
葛岡墓園
国見浄水場
グランドフェア(仙台復興祭)
軍事教練
軍刀(陸軍)
軍馬の銅像
軍服(陸軍)
競馬
警防団
敬老乗車証
県営宮城球場
県営宮城陸上競技場
健康都市宣言(仙台市)
県立学校、県立図書館名称変更
県令 →知事
公会と隣組
公害市民憲章
公害防止条例
公設市場
工兵第二大隊 →工兵第二連隊
江陽会館
国鉄
国道
国道286号線バイパス
国道4号線バイパス
国民学校
国民義勇隊
国民体育大会
国民徴用令
国民服
国民帽
こけし塔(仙台駅前)
こけし塔(西公園)
五色沼
午砲
コレラ
在外同胞救出仙台学生同盟
在郷軍人会
斎藤報恩会
斎藤報恩会博物館
桜ケ岡公園(西公園)
桜岡大神宮
産業組合中央会
三居沢交通公園
市街化区域
自警団
四大節
七十七銀行
輜重兵第二大隊 →輜重兵第二連隊
自動車
シネマスコープ
師範学校
市民プール(西公園)
釈迦堂
住宅団地
祝賀行事
小学校 組織改正
鐘景閣
定禅寺通り
昭忠碑
常磐線
消防組
昭和天皇
食糧メーデー
女子学徒勤労義勇隊
女子挺身隊
女子挺身隊勤労令
シンガポール陥落
新国丁
新産業都市
新字体
新住居表示制度
新制高等学校
身体障害者福祉モデル都市
仁丹マーク
進駐軍(米軍)
新常盤町(遊郭)
新聞
信用堂洋服店
人力車
水害
瑞鳳殿
スパイクタイヤ粉じん公害
隅櫓
青少年団
青年学校
青年訓練所
青年団
精養軒
政令指定都市
セコイヤの化石
全国児童唱歌コンクールで連続優勝
戦災者・引揚者用住宅
戦災復興都市計画事業
仙山線
戦時衣料
仙集館
仙石線
仙台青葉まつり
仙台アメリカ文化センター
仙台育児院
仙台駅(戦前)
仙台駅(戦後)
仙台オープン病院
仙台卸商センター
仙台会館
仙台偕行社
仙台簡易保険局
仙台北環状線(道路)
仙台北警察署
仙台軌道(仙台鉄道)
仙台空港
仙台空襲
仙台警察署
仙台港
仙台高等工業学校
仙台国税局
仙台座
仙台市
仙台CIE図書館
仙台市営地下鉄
仙台市営バス
仙台市街自動車
仙台市科学館
仙台市勤労者体育館
仙台市警察本部
仙台市公会堂(戦前)
仙台市公会堂(戦後)
仙台市公報
仙台市視聴覚教材センター
仙台市市民文化事業団
仙台市消防本部
仙台市戦災復興祈念館
仙台市体育館
仙台市中央卸売市場
仙台市中央公民館
仙台市電
仙台市伝染病院
仙台市天文台
仙台自動車学校
仙台市農業協同組合
仙台市の動物園(戦前)
仙台市の動物園(戦後)
仙台市の花・木・鳥・虫
仙台市博物館
仙台市婦人大会
仙台市武道館
仙台市兵事義会
仙台市ボランティアセンター
仙台市民会館
仙台市民ギャラリー
仙台市民図書館
仙台市民の消費生活を守る条例
仙台市民まつり
仙台市役所庁舎
仙台商業会議所
仙台城二の丸
仙台ショーハウス
仙台庶民金庫
仙台市立榴ケ岡病院
仙台市立病院
仙台市歴史民俗資料館
仙台赤十字病院
仙台専売支局
仙台専門店会
仙台七夕
仙台中央警察署
仙台中央公設市場(中央マーケット)
仙台中央郵便局
仙台鎮台
仙台逓信局
仙台逓信病院
仙台鉄道管理局
仙台鉄道船舶郵便局
仙台電報局
仙台東一公設市場(東一マーケット)
仙台東宝劇場
仙台トラックターミナル
仙台トラック輸送センター
仙台西道路
仙台日活劇場(戦後)
仙台区裁判所
仙台地方裁判所
仙台高等裁判所
仙台東警察署
SENDAI光のページェント
仙台飛行場
仙台美術館
仙台ビルヂング
仙台フィルハーモニー管弦楽団
仙台物産陳列所
仙台放送(テレビ)
仙台ホテル
仙台祭
仙台南有料道路
仙台陸奥館
仙台郵便局
仙台郵便貯金会館
仙台幼稚園(公立)
仙台幼稚園(私立)
仙台陸軍地方幼年学校
仙台陸軍幼年学校
仙台臨海鉄道
仙都劇場
大一楽器
第一銀行
第一生命ビル
第一ビル(仙台駅前)
大学
第十三師団
大正天皇
大政翼賛会
大東亜共栄圏
大東亜新秩序
第二高等学校(旧制)
第二師団
第二師団〈出兵記録)
大日本国防婦人会
大日本婦人会
台原森林公園
第四十二師団
高橋是清
竹槍訓練
伊達政宗公三百五十年祭青葉まつり
多門師団凱旋
多門通り
中央劇場
中央マーケット(仙台中央公設市場)
中等教育学校(旧制)
彫刻のあるまちづくり事業
朝鮮館
腸チフス流行
提灯行列
千代大橋
樗牛瞑想の松
榴ケ岡公園
ツルヤ洋菓子店とカフェ・クレーン
TDK
定期航空路
貞山運河
逓信管理局
テレトピア構想
テレビアンラジオ
テレビ塔
電気開始(仙台)
電信開始(仙台)
電柱撤去(東一番丁)
天然痘
電力ホール
電話開始(仙台)
東亜新秩序と大東亜新秩序
東一マーケットと中央マーケット
洞雲寺
東京オリンピック(昭和)
東照宮(仙台)
東宝劇場
東邦生命ビル
東北学院
東北管区警察学校
東北こども博覧会
東北産業博覧会
東北自動車道
東北新幹線
東北振興
東北体育協会球場
東北大学
東北大学富沢分校
東北大博覧会
東北鎮台 →仙台鎮台 →第二師団
東北帝国大学
東北帝国大学医学部付属病院
東北帝国大学理科大学
東北電力
東北放送
東北本線
当用漢字
特別高等警察(特高)
特急はつかり
特急ひばり
仲の瀬橋(広瀬川)
長町駅
長町駅貨車操車場
長町の青果物市場
長町プール
奈良原式鳳号
西内楽器店
西公園(桜ケ岡公園)
西本願寺別院
二十人町
日米野球
日産生命ビル
二の丸(仙台城)
日本銀行仙台支店
日本生命館
日本電信電話公社
日本ユニシス
ネオン全廃
ネオンサイン(戦後初)
乗合馬車
バカンス(流行語)
爆弾三勇士の歌
芭蕉の辻商館
芭蕉の辻の交番
芭蕉の辻の城櫓風建物
芭蕉の辻の洋館
バス(仙台初)
バス(仙台市街自動車)
バス(仙台市営)
バス(木炭バス)
バス(ボンネット型)
バス(キャブオーバー型)
バスプール
発電事業
パテー館
針久旅館支店(仙台駅前)
藩祖政宗公三百年祭
繁田園(お茶の井ケ田)
東一番丁(商店街)
東一番丁大火
東一番丁百年祭大仮装行列
東二番丁尋常小学校校舎
東二番丁通り(拡幅)
東二番丁幼稚園
東日本放送
飛行船「雄飛号」
飛行大会
ヒトラーユーゲント一行が来県
日乃出映画劇場
ひらつか(東一番丁)
広瀬川の清流を守る条例
広瀬通り
広瀬橋(広瀬川)
フェリー
俯瞰撮影禁止
福祉ボランティアのまちづくり事業
富国生命館(国分町)
藤崎(戦前期)
藤崎(戦後期)
フジビール
婦人標準服
普通選挙祝賀
二日町大火
復興盆踊り
ブラザー軒
文化キネマ/文化劇場/仙台松竹映画劇場
文化横丁
米軍進駐
ペデストリアンデッキ
ヘレンケラー
防空演習
鳳月ビル
防護団と警防団
豊齢手帳
歩行者天国(東一番丁)
歩兵第四連隊
政宗卿騎馬像
政宗卿平服像
政宗公三百四十年忌大法要
松島座とパテー館の変遷
松永正敏中将
松原街道
マナスル登頂に成功
丸光
満蒙開拓
右側通行
水の森スケート場
三越(仙台支店)
緑と花いっぱい運動
緑屋(東一番丁)
南町大火
南町通り(多門通り)
南町通りの電柱(戦前)
三原時計店
宮城県営宮城野原硬式庭球場
宮城県営宮城野原蹴球場
宮城県営宮城野原陸上競技場
宮城県営野球場
宮城県沖地震
宮城県会議事堂
宮城県県民の森
宮城県護国神社
宮城県スポーツセンター
宮城県青年会館
宮城県第二総合運動場
宮城県庁舎
宮城県図書館
宮城県美術館
宮城県物産陳列場(芭蕉の辻)
宮城県物産陳列場/商品陳列所 /商工奨励館
宮城県武道館
宮城県民会館
宮城県理科教育センター
宮城控訴院庁舎
宮城交通
宮城集治監
宮城書籍館
宮城テレビ放送
宮城野駅(貨物専用ターミナル)
宮城野原練兵場
宮城病院
宮城婦人会
宮沢の一銭橋
宮沢橋(広瀬川)
未来の東北博覧会
村上屋餅店
メーデー
明治製菓
明治生命館
明治天皇
明治百年
瞑想の松
木炭バス(東京・青バス)
木炭バス(仙台)
茂庭荘
森天祐堂
森徳座
杜の都の環境をつくる条例
杜の都緑化基金
八木山開発
八木山球場
八木山遊園地
八木山橋
八木山動物園(仙台市八木山動物公園)
八木山ベニーランド
安田生命
野草園
山火事
挹翠館
雄飛号
郵便馬車
ユニオンビール
閖上大橋
養賢堂
養種園
翼賛壮年団
澱橋(広瀬川)
ライト和洋食堂(仙台駅前)
陸上自衛隊
冷害・凶作
レジャーセンター
連合婦人会
老人福祉手帳
六・三制
ロシア兵捕虜
魯迅
魯迅の碑
ロッテ球団